ドン式ぶろぐ

無課金サカつかーによる、サカつくRTWの日常の記録など・・・ 第21回SWCCルーキーDiv.ベスト16

観戦記録

ルームマッチから、気になる出来事を紹介

 

A・コール(攻)

f:id:Dondondon:20200907171958p:image

 

サミ・ケディラ(守)

f:id:Dondondon:20200907172012p:image

 

 

 

 

状況説明

 

左サイドでA・コールの前に現れたケディラ

スキル発動「衝撃のスイッチ+」

f:id:Dondondon:20200907172050p:image

 

その後、負けじとコールも

スキル発動「SpブレイクドリブルLv3」

f:id:Dondondon:20200907172027p:image

 

その結果

コールが抜き去っていく

 

 

 

能力比較

 

A・コールの能力値

  • ドリブル:1737
  • SpブレイクドリブルLv3:ドリブル中アップ(20%アップ)対象選手スタミナ中ダウン

仮想数値:1737×20%アップ=2084

 

ケディラの能力値

  • タックル:1334+2013=3347
  • 衝撃のスイッチ+:タックル超特大アップ(50%アップ)

仮想数値:3347×50%アップ=5020

仮想数値は何の確証もないです。私の妄想です

 

これだけ見ると

なんでケディラが抜かれるのかが分からない。

圧倒的に能力値は、ケディラが上のはず。

 

となれば、ほかにこの結果に影響を及ぼす要因として

  • 選手個人の特徴
  • フォメコンの効果
  • 戦術の一致
  • スキルの相性

が考えられる

 

スキルの相性とは、

「パワータックルvs高速ドリブル 」だったら、パワータックルの勝ち!

みたいな発想。完全に妄想です

 

それを踏まえた上で両選手の能力値を調べると

 

A・コール

  • 個人の特徴:勝負師(パスとドリブルが大アップ)⇒30%アップ
  • フォメコンの効果:ヘジソン監督の効果⇒ドリブル88%アップ
  • 戦術の一致:一致している⇒減少なし
  • スキル:SPスマッシュドリブルLv3⇒高速ドリブル系(予想)

 2084×30%アップ×88%アップ×1=5093

 

 

ケディラ

  • 個人の特徴:無し
  • フォメコンの効果:ケイダロス監督の効果でタックル80%アップ
  • 戦術の一致:一致していない⇒減少あり(20%ダウン)
  • スキル:衝撃のスイッチ+⇒スピードタックル系(予想)

 5020×80%アップ×20%ダウン=7228

 

 

この数値はすべて推測で出している

妄想でしかないので確証はない

それでもケディラが抜かれるのは不思議

 

 

他に考えられるのは、

  • その他の能力値
  • 連携線
  • キャプテン特徴やキーマン特徴
  • スタミナ

などだろうか?

「調子」も考えたが、ルームマッチは普通で統一されているから考えなくてもOK

 「その他の能力値」は、スピードが関わってくると考えられる

「キャプテン特徴等」はドリブルやタックルに関わっていないようなのでOK

「連携線」も見比べる限り、両者に差はないと判断

 

となれば、

両選手のスピード値

が関わっているハズ

 

 A・コールのスピード値:1180

ケディラのスピード値:655

 

 

ここまでのまとめ

 

A・コール

  1. ドリブル:1737
  2. SpブレイクドリブルLv3:ドリブル中アップ、対象選手スタミナ中ダウン
  3. 個人の特徴:勝負師(パスとドリブルが大アップ)
  4. フォメコンの効果:ヘジソン監督の効果⇒ドリブル88%アップ
  5. 戦術の一致:一致している⇒減少なし
  6. スキル:SPスマッシュドリブルLv3⇒高速ドリブル系(予想)
  7.  A・コールのスピード値:1180

 

 ケディラ

  1. タックル:1334+2013=3347
  2. 衝撃のスイッチ+:タックル超特大アップ
  3. 個人の特徴:無し
  4. フォメコンの効果:ケイダロス監督の効果でタックル80%アップ
  5. 戦術の一致:一致していない⇒減少あり(20%ダウン)
  6. スキル:衝撃のスイッチ+⇒スピードタックル系(予想)
  7. ケディラのスピード値:655

 

 これらのことから

妄想を加味した能力値、妄想値

をはじき出してみると

 

A・コール

(1737+1180)✖1.2✖1.3✖1.88=8554

(①+⑦)✖②20%アップ✖③30%アップ✖④88%アップ

 

ケディラ

(3347+655)✖1.5✖1.8✖0.8=8644

(①+⑦)✖②50%アップ✖④80%アップ✖⑤20%ダウン

 

 

両者の私独自の妄想値だと、わずかにケディラが上になった

でもこの数値、結果に寄せるために無理やりしている部分が多いので正確性には欠けると思う(;^ω^)

 

 

  • ドリブルのタイプとタックルのタイプの相性が、ドリブル有利に働いた
  • 「~が特大アップ」などの能力上昇値が違っていた
  • 能力値(妄想値)の算出方法が正しくない
  • 他の要素が作用した結果で、こうなった
  • たまたまこうなった

 

まだまだ調べ始めたばかり

もう少し調査数を増やし、経験値を上げていこう

今回は、謎の結果だけど、こんなこともあるってことで(;^ω^)

 

追記

ヘジソン監督の「鉄の結束」(20%アップ)を考えていなかった!

 

これを踏まえてA・コールの数値を計算し直すと

 

8554✖️1.2=10264.2

 

 

 

 

 

では、この辺で…